上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨晩は、イェール大学のWoolsy Hallにて、チャイニーズニューイヤーを祝してみんみんのチームが演技。

題目はカンフーガール

一人だけピンクのコスチュームのみんみん。赤が欲しかったのにピンクしかなかったから不満そうだったんだけど、目立ってよかったじゃん。

会場は、99%中国。司会も演目も全部中国語。

歌や踊りは言葉がわからなくても十分楽しめたけど、漫才とコントはさっぱり。

そういえば、みんみんはちょうど去年の今頃もWoolsy Hallの舞台に立っていた。あの時は学校の合唱部として。来年も何かで出れるといいね。
2010.02.08 Mon l 未分類 l top ▲
昨晩降った雪が地面に2センチ。案の定ミルフォードの学校は90分遅れで始業。最近よくあるパターンです。

もうすっかり止んで、そんなに積もってもいないのに。

先週木曜日の午後に振り出した雪も、金曜日の朝には止んでいて、地面にもほとんど残っていないのに90分遅れの始業。でもショーンの学校は通常通りの始業だったので、まずニューへイブンにショーンを送って行き、ミルフォードに戻ってみんみんとドリちゃんをドロップした後、ニューへイブンに逆戻りして出勤という、しんどい朝だった。

そしたら昨日のニュースで、「ミルフォードの母親が、8歳の子供を摂氏-8度の中45分もバスストップに放置して起訴された」と。

よくよく聞くと、ワーキングマザーの彼女は始業が遅れるというのを知らず、いつもの時間に子供をバスストップで待たせて、自分は出勤したらしい。

そんな寒空の下で45分もすごした子供もほんとに可哀想だけど、お母さんも可哀想だ。そんなの、ヒューズだって、いつやってしまうかわからない。その日、たまたまテレビをつけたから、始業が遅れるのがわかっただけで、自分も出勤準備をしながら、子供たちの登校準備をさせている、戦場のようなヒューズ家の朝。テレビなんか見てる余裕のない日も多い。そしてミルフォードはこういうのを電話で知らせてくれない。テレビかラジオのみ。

それに、ヒューズなんかは、有難いことに、こういう時に「遅れます」と連絡すればすむ職場なのだけど、そうはいかない職場も多い。前の職場なんかそうだった。1度や2度ならいいけれど、こんなの、一冬に何回あるかわからない。

他人事じゃないのよ、ほんとに。だから、このニュースを聞いたとき、なんかいたたまれなかったんですよ。

そのお母さんだって、生活のために働いているのだろうし、子供をそんなつらい目にあわせてしまったら、その罪悪感だけで十分な罰なのに、これから罰金なり、保釈金なり払って、近所では後ろ指。

きついお話、、、

学校区からの電話一本で解決できる話なんだよね。メッセージを録音してボタンを一回押せば、全父兄に電話がいくシステムはもうあって、PTAのミーティングだとか、予防注射の日程とか、メッセージを最後まで聞く前に消去してしまうような、緊急度が低いお知らせにはバンバン使ってるのに。

ちなみにニューへイブンの学校区は電話でも知らせてくれる。でも、こっちの学校区もあまり賢くない。

朝はいいけど、ヒューズ夫婦が仕事でいない日中に、自宅の留守電に「本日は雪のため1時にクローズ」とかメッセージを残してくれる、、、 携帯の番号も持ってるはずなんだけど、、、

先週の木曜日がそうだった。ショーンはもう中学生で、鍵も持ってるから一人で留守番できるけど、小学校低学年だったり、鍵持ってなかったらどうなるのよ? ニューへイブン、ミルフォードよりも共働き夫婦が多いはずだよ?

これ書いてる間に、ニューへイブンも1時間遅れと電話が入る。

う、これもきつい。ミルフォードとニューへイブンの学校が同時にスタートだ。そしてこういう時、ニューへイブンからのバスは来ない。どっちを先に送っていけば誰も遅刻せずにすむか、これから戦略を練らねば。
2010.02.03 Wed l ただの日記 l top ▲
ヒューズ、現在毎日ミニバンでニューへイブンに通勤しているんですが、ミニバン燃費悪くて、ガソリン代なんとかならないかなぁ、と大学の交通課にメールで問い合わせたところ、以下のお返事をいただきました。

オプション1-電車通勤
駅でのパーキングは難しいでしょう。あなたの家からミルフォードの駅まではたったの4.2マイル。エコでヘルシーな自転車はいかが? 電車にも持込OKですし、ニューへイブンの駅から図書館までも、自転車があると便利です。

オプション2-カープール
ニューへイブンに通勤するご近所の方とお友達になるチャンスです。

オプション3-引っ越す
時間も費用も一番少なくて住みます。ニューへイブンに引っ越すのも一案。




ここまで読み進むと、「オプション4-ヒッチハイク」とか書いてあるんじゃないかとドキドキしました。

うーん、エコでヘルシーな自転車&電車には惹かれるけども、車だと3,40分のところ、1時間はかかってしまうことになる。ガソリン代は節約できるけど、時間だって大切だ。

カープールは、緊急のときに他の人に迷惑がかかる。子供が3人もいると、病気やらスノーデーやらで、「緊急のとき」というのは日常茶飯事だもの。

ニューへイブンに住むという妙案は、家族の賛同が得にくい。

というわけで、やっぱりしばらく車通勤のヒューズです。

あ、単車通勤っていうのも考えました。ヒューズ夫のハーレーのスポスタで。でも最近腰を痛めて、このオプションは厳しいと悟りました。それよりも、大学内をあの爆音で走行する勇気はありませんが。

2010.01.16 Sat l ただの日記 l top ▲
2年くらい前から、「これはやっぱりやばいんじゃないの?」と夫婦で話していたショーンの歯並び。自然に治るかも?なんていうかすかな期待も泡と消え、とうとう新年早々からブリッジ装着。

治療費全工程込み$5500! そりゅあ避けたかったわよ。でもね、こんな歯並びなのよ。

030.jpg

この八重歯みたいになってるのは、抜けかけの乳歯なんかじゃなくて、れっきとした永久歯。その左下はいまだびくともしない乳歯。右下はわずかな隙間に無理やり縦に生えてきた永久歯。そして写真では見えないけど、この後ろにも永久歯が生えていて、、、

歯科矯正医院でとった型は、もはや人間のものとも思えず、「どの恐怖映画に出てた生物ですか?」というシロモノ。

生まれつき馬のようにまっすぐな歯並びのヒューズ夫は、ヒューズの遺伝子のせいにするが、はっきりいって、ヒューズは虫歯女王で小学校に上がる前には前歯真っ黒、自慢じゃないけど、永久歯生えてくるころにはぼろぼろで、乳歯が頑丈すぎて抜けないがために、永久歯が「ごめーん、ここしか場所なくってー」っていうせせこましい生え方してくる心配なんて露ほどもなかったの! すべては虫歯知らずの頑強な乳歯のせいで、それは絶対ヒューズ夫の遺伝子。

でね、更に悪いことには、ヒューズ家の歯科保険は矯正はカバーしないんである。保険が効く虫歯の治療の方がはるかに安上がり。それなら、乳歯なんか歯磨きしないで甘いものいっぱい食べて、虫歯にしてさっさと抜いてもらって方が良かったのではないか? と一瞬真剣に思ってしまった。

ショーンの場合は、いまさら乳歯が抜けたところで、矯正施術なしではまともな歯並びにならないとのこと。

特に例の縦に生えてるヤツは、下の歯2本の間にスッと収まるようなはかみ合わせで、「もうここでいいわー、居心地いいしー」という構えになっているらしい。

というわけで新年早々大きな出費。

「せめて下の二人は矯正が必要ない歯並びになりますように。」

初詣に行っていたなら、絶対そういう願をかけたと思う。
2010.01.13 Wed l kids l top ▲
1-smurai.jpg

明けましておめでとうございます! ヒューズ家、お正月は日本に行って、、、るわけはない。上の写真はメトロポリタン美術館で開催中の”Art of Samurai"展でのものです。写真だと結構リアル。

大晦日は例年通り、ヒューズ夫の家族と飲んで騒いで、元旦は一応、日の出前に起きたものの、窓から見た空模様が曇りだったので、初日の出を見に行くは取りやめ。午後からは友人宅にて新年会。子供たちは鏡餅を作らせてもらい、お雑煮やおせちをごちそうになり、お正月気分。

で、翌日は"Art of Samurai"展。別に正月がらみのイベントではないんだけど、この展示は1/10で終わってしまうし、来週末でもいいけど、今週末は、バンカメのカードを提示すれば入館無料だし、日本の鎧カブトはなんとなく縁起良さそうだし、とちょっと強行スケジュールの日ではあったけど、行って来ました。

クリスマス前だと大混雑でゆっくり見れないツリーもゆっくり近くで見れたし、とりあえず、冬休みになんか特別なことをしたような気になったし、うん、疲れたけど、行って良かった良かった。

そして今日は冬休み最終日。雪模様。極寒。

明日からまた始まるドタバタ生活に備えて、本日はおうちでゆっくり充電モードのヒューズ家です。

2010.01.04 Mon l ただの日記 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。