上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
土曜日に、地元のカメラ屋さん、Milford Photoの開催する初心者デジカメ教室(SimplyDigital)に参加して来ました。

初めてのデジカメ(フジの縦型モデル)を買ったのが6年以上前なので、なんで今更という気もしたけど、何のためにあるのかわからない機能をもうちょっと使いこなせるようになりたいなと思って。

参加者は10人くらいいたんだけど、半分は、つい最近まで35mmフィルムカメラ使ってて、孫の「今撮った写真見せてー。」という無邪気なリクエストに応えられないのに耐えかねて、生まれて初めてのデジカメを買ったばかりのお爺ちゃんお婆ちゃん。

中には超ありがちなセレブファッションに身を包んだガールフレンドを従えた、どっからどう見てもどこかのボンボンという若者。手にしているのは、革のケースに入った新品ライカ。聞けばニコンのDSLRと2本のレンズをちょっと前に買ったはいいが、重くて持ち歩くのが面倒なのでこのコンパクトなライカを買ったと、、、久しぶりに景気のいい話を聞かせてもらったよ、、、でも、ニコンとレンズ2本も買ったときに考えなかったのかな、これは重いって。

あ、そうだ、カメラ教室。

これは行って良かったです。土曜日の貴重な2時間と20ドルを費やした甲斐はありました。

ほとんどの機種に当たり前に付いている機能に絞ってたんだけど、それでもヒューズには初めて知ることばかり。こういう時にこういう機能を使うとこんな写真になります、とかで、マニュアルに書いてあるのだけど、やっぱりこうしてプレゼン形式でやってもらうととてもわかりやすかった。

あああ、こういうことを6年前に知ってたら、もっといい写真がいっぱい撮れてたに違いないのにー。

教室の後は、習ったばかりの機能を駆使して、自分にも素晴らしい写真が撮れそうな気満々で、ちょっと撮ってみましたが、写真の腕はたかが2時間の教室で上がるものではないらしいです。

カメラの知識以外の大収穫は、メモリーカードから消した写真もほとんどの場合リカバリーが可能ということ。いや、こういうのも当たり前な常識なのかもしれないんですけど、ヒューズには「目から鱗」だったんですよ。ミルフォードフォトでは2ギガのカードを$40くらいでリカバーするって言ってたかな。

実は、ヒューズの古いeMacが壊れて、スイッチ入れてもウンともスンとも言わない状態になって、もう古いしそのままリタイヤさせてもいいのだけど、問題は中の写真。1/4ほどバックアップをしてなくて、どうしようか困ってたんですよ。修理も絶対数百ドルはするだろうから。

バックアップしてなかった分の写真に使用したメモリーカードからリカバリーが$40でできるのなら、もうそっちのが絶対お得! なので今週お願いして来ようと思ってます。

ミルフォードフォトでは、他にもDSLR(主にニコンとキャノン)の教室とか、ブロンクス動物園へのフィールドトリップ(望遠レンズ必須)とか、カヤック撮影ツアーとかもあるそうです。

カヤックツアー、行きたいかも、、、
スポンサーサイト
2009.03.24 Tue l お気に入り l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

参考になったわぁ~~~
ヒューズさん

お会い出来ないまま春を迎えてしまいましたね。

私もそこのカメラ屋さんで数年前にキャノンのデジカメを買いました。店員さんがとっても親切で知識もあり、満足な買い物が出来ました。
色んな教室があるのも知ってましたが、なかなかいいクラスのようですねぇ。

メモリーカードからのリカバリー、知らなかったなぁ~~~、と~~~っても参考になりました!!

カメラを買うならMilford Photo、お勧めですよねぇ。
2009.03.24 Tue l PSママ. URL l 編集
No title
PSママさん、
私のような写真の知識が極薄の人にはうれしいクラスでした。なんで全自動オートフォーカスなのに、露出の調整をするのか等の初歩的なこともこの教室で初めて知りましたよ。ほんと、あそこで店員さんにいろいろ聞きながら買うと安心ですよね。

なーんて、クリスマスに買ったパナソニックのハイズームはしっかりBHフォトにオーダーしちゃったけど。(笑)
2009.03.25 Wed l ヒューズ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhug.blog91.fc2.com/tb.php/167-e4f776bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。