FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日曜に子供たちと行ったばかりなのに、また一人でYale Center for British Artに行ってきました。

今度は一人! 

昼休みを利用して、例のDavid Coxのついての学芸員のレクチャー。

David Coxは、イギリスの水彩画の最盛期にターナーらとともに活躍した大御所なんだそうです。全然知らなかった。

昨日のレクチャーは、60代で脳卒中で倒れて亡くなるまでの訳6年間に発表された作品がほんとに100%、彼の作品なのか議論がある、という内容。

こういう説明があると、鑑賞がもっと面白くなる。

お昼休みだったから、レクチャーの後ゆっくり鑑賞、というわけにもいかず、やっぱり足早に職場に戻ったので、また行かなくては。

今日は確か、お昼に音楽科の大学院生の弦楽四重奏があったんじゃないかな。

うーん、やっぱりしばらく通ってしまうかも。
スポンサーサイト
2008.10.22 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhug.blog91.fc2.com/tb.php/144-4dc7502b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。