上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今週末は3連休なのに、うちにいるヒューズ家です。

ヒューズ夫はメモリアルデーも出勤だし、今日(日曜日)はみんみんとショーンの最後の聖歌隊晴れ舞台だったもので。

そう、聖歌隊は今日が最後だった。聖歌隊を指揮してくれた教会の音楽責任者ティムが、今週めでたくイェールの神学部を卒業し、来週インターンで西海岸に旅立つため、当面聖歌隊は活動停止。

聖歌隊の練習は月曜日の夕方、カンフーが6時に終わってからそのまま教会に直行、7時15分まで、というちょっと8時半就寝のヒューズ家にはきついスケジュールだったんで、正直ほっとしてます。

みんみんはたまに、ちょこっとだけどソロも歌わせてもらったりしてたから、ちょっと寂しくはあるけどね。

それより先に、先週の木曜日には、みんみんの学校のコーラスの最後のコンサートもあって、こちらも秋までは練習無し。

なので、お歌の方はとりあえず一区切りついた形。

考えてみれば、聖歌隊は結成から約2年、みんみん&ショーンはほとんど皆勤賞。ラテン語の歌詞を覚えたり、パイプオルガン触らせてもらったり。

過去2年のクリスマスイブのミサは、子供たちが歌うからより特別なものになってたよなぁ。

車の中で練習中の賛美歌を二人で歌ってくれるのも、ヒューズ密かに楽しみだったし。

賛美歌を歌わなくなったら、やっぱりレパートリーはハナ=モンタナとかになっちゃうのだろうか。
スポンサーサイト
2009.05.25 Mon l kids l COM(0) TB(0) l top ▲
このところずっと続いている なんかスッキリしないこの体調を打破すべく、ヨガに挑戦してみました。

デトックス効果を期待してのホットヨガ。摂氏40度の部屋でやるのでまさに苦行。ホットヨガは前から知ってたけど、暑いのが苦手なヒューズは「絶対嫌だね。」と思っていた。

そもそもヨガそのものがヒューズには鬼門。10年以上前に初めて挑戦したときに、最期の仰向けになってリラックスするポーズのときに、うかつにも寝てしまい、「クカっ!」という自分のやりかけのいびきでガバっと飛び起き、超恥ずかしい思いをした。こんな恥ずかしい事したあとで、またこのクラスに顔を出すほど厚顔無恥ではない。もうヨガはそれっきり。

それにヨガって有酸素運動じゃないからダイエット効果はなさそうだし。

でもこの体のだるさはほんとにどうにかしたくて、一念発起した次第。体の不調がピークに達した先週、ネットでこのあたりのヨガクラスのスケジュールをチェックして、すぐ行ける奴に速攻挑戦。

ショーンの学校の近くにあるファンキーなムード漂う教室。

人数も少なかったので、インストラクターがちょくちょくフォームを治してくれて、なんとか最期までできた、、、が、またあのリラックスポーズで寝てしまった、、、

仰向けになって、「手は体のそばに、手のひらは天にむけて、、、」というインストラクターの声を聞いたのを最期に記憶が途絶え、速攻REM睡眠に突入したらしい。

このリラックスセッションの終わりを告げる、ゴォ~ンという柔らかいドラの音が響いたときに、またもガバッ。しかも今回、自分がヨガ教室に参加しているという事実を認識するのに2秒くらいかかってしまった。

ガバッと飛び起き、「ここはどこ?私は誰?」とパニックの表情丸出しできょろきょろする自分にもうあきれ果てた。

ただ今回は、もうあの頃の、若く、人並みに羞恥心を備えたヒューズではない。厚顔無恥、オバサン街道まっしぐらである。

その後の「スッキリ爽快」に味をしめ、日曜日の夕方にまた挑戦。

今回のインストラクターはスキンヘッドのお兄さん。スキンヘッド仲間を連れて来たのか、参加者にも二人ほどスキンヘッドが、、、他の参加者もなんか、ファンキーな方々で。

そしてこの時は、初めて寝なかった! でもその一歩手前までは行ってたようで、あのドラが鳴ったときには、やっぱり心臓バコバコして、一人呼吸が乱れたヒューズであった。

運動はなんでもそうなんだけど、やった後はα波大放出。だったらジョギングなりウォーキングなりを家でやれば?って感じなんだけどね。

でも、ヨガ、しばらくハマりそう。

前々から思ってたんだけど、ヨガウェアってヒューズのツボにハマるデザインが多いんだよね、、、 あまり形から入る人ではないつもりなんだけど、かなり惹かれてます、、、
2009.05.11 Mon l ただの日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
週末はヒューズ夫がペンシルバニアにある義兄の家に子供たちを泊まりがけで連れていったので、憑き物がとれたような開放感を味わったヒューズです。

その貴重な時間を使ってヒューズは何をしたかというと、友達の個展のオープニングレセプションに行って来ました。

http://www.flatiron.qpg.com/

ヒューズ、実はこのギャラリーがあるピークスキルの隣町に5年間住んでたんだけど、ヒューズ家が引っ越してから、ピークスキルはアーチストやヒップな方々の集うボヘミアンな町に変貌していた、、、

ギャラリー階下にとっても好みのカフェがあって、一人でお茶しながら、コネチカットに引っ越した事をちょっと後悔。人が引っ越してからこんなかっこいい町になるなよー。

さてさて、友人はヒューズよりもずっと前から水墨画をやっていて、ヒューズは彼女に触発されて習い始めたのよね。彼女はもう個展も何度かしていて、もうプロです。

今回の個展もよかった。ちょっと伝統的な水墨画とは違っててちょっとモダンというかスタイリッシュなものも。かっこいー。紙も和紙に限らずいろんなものに挑戦してて、なんかこう自分の画風って感じ。ヒューズはまだまだ師の物真似の域を出ておらず、それさえまともにできないっていう状態なので、ますます憧れてしまう。

絵は手が出なかったけど、彼女の絵を貼ったトレイを購入。勝手に自分への母の日のプレゼントとしてしまいました。(笑)

同じギャラリー内にアトリエを構える他のアーチストとお話したり、友人の友人とも輪が広がって、ほんと、楽しかった。

こんなに楽しめたのもひとえにヒューズ夫と子供たちが留守だったおかげ。家に帰っても、電話番号がわからなくなって音信不通になりかけてる友人たちに手紙を書いたり、ちょっと普通の生活では頭が回らないことをしたり。

せっかく友人の絵を見てインスパイアされてきたんだもん、絵も描かなきゃ。と筆をとってはみたけれど、いい絵を見たせいでほんのちょっと肥えた目には、ヒューズの腕の未熟さだけが映ってしまったよ。

ああ、でも楽しいなぁ、絵は。もっと描く時間欲しいなぁ。


2009.05.05 Tue l お気に入り l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。