上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
去年もこの時期に同じような事書いたなあ、、、 

ヒューズ夫の愛車インプレッサがまた壊れました。またもやこの確定申告の時期に、まるで還付金を見越したように。

修理に1000ドル以上かかるようだったら、もう廃車だね、と言いながら一応馴染みの修理屋さんへ。

そしたらドンピシャ! 見積り1000ドル。

それを聞いたヒューズ夫は、修理屋さんに速攻ゴーサイン。修理から戻って来たインプレッサはまたも完全復活。早速元気に快走中。

それにしてもヒューズ夫、相当愛着あるんだ? どうしても30万マイル突破の瞬間が見たいんだ? 

結局、エンジンはいたって元気、「XXマイルで交換」の類のパーツが寿命を迎えてしまっただけで、それを取り替えればまだまだイケる、ということらしい。

というわけで、11年の長距離通勤に耐えてもまだまだ引退させてもらえないインプレッサでした。

スポンサーサイト
2009.02.14 Sat l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今、Yale University Art Galleryで「茶の湯」展をやってます。

それに関連して、レクチャーとかお茶の実演とか、いろんなプログラムが開催されるんですが、昨日、その一つ、日本美術と日本の美意識にかんする講演に行ってきました。

30年以上、茶の湯関係の美術品を収集して来たアメリカ人(多分)のレクチャーだったんだけど、いやあ、勉強になりました。

展示品の多くはこの人の収集品みたいで、スライド写真を観ながら面白く説明してもらうと、最初は「ふーん、、、」とさらっと見ていた展示品がもっと興味深く鑑賞できて、日本の美意識ってやっぱり素晴らしい!と思ってしまった。

貧乏ヒューズ家にては「わび」の素質十分! 地で行っております、と思っていたんだけど、違うんだよねえ、日本の「わび」の美意識は。

あくまで研ぎすまされた感覚といいものを見て使い尽くして来た趣味人にとっての、理想化された自然の中の簡素な世界。簡素で質素なのに「貧しい」の対極だなんて深すぎるわ。

茶室の外の庭の佇まいや、茶室の掛軸や花器、茶道具など、とても興味があって、こういうのを味わえるようになれたらいいなと思う反面、「茶の湯」はやっぱりヒューズには遠い世界。

茶室、道具、そして着物、そして正座、、、 ハードルが多すぎる!

この企画展、4月26日までやってます。長いアメリカ生活で、日本の美意識が恋しい方、是非行ってみて下さい。
2009.02.11 Wed l お気に入り l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、ヒューズの勤務する図書館でインターナショナルパーティが開催されるとのメールあり。

図書館スタッフとその家族がお国の料理を持ち寄り、お国の文化を披露するというもの。

去年もあったんだけど、スケジュールが合わず行けなかったので、今年こそは!

で、子供たちに冗談で「中国のスペースで、カンフーやらしてくれるんじゃない?」って言ったら、みんみんが、

「じゃ、投げてくれた小銭はもらっていいの?」

、、、みんみん、なんか勘違いしてる?

というか、こんな親がせつなくなる発想するあなたって、、、
2009.02.11 Wed l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。