上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
サンクスギビングデーは、例によって食い倒れ、4連休もナノセカンドのスピードであっという間に終わり、いよいよこの国はクリスマスにホリデーシーズンに突入です。

日本の年末年始のように、買い物と年賀状ならぬホリデーカードの準備で半狂乱になるのは必至。もっと早くから準備をすればいいのだろうけど、あんまり早いと季節感もなにもなくなるので、やっぱりこういうのは12月にならないと気合いが入りません。

それでも、この時期のモールの大混雑が嫌いなので、子ども達のプレゼントはとっくの昔にネットで注文。

みんみんとドリちゃんはサンタさんへの手紙(リクエスト)を書いてます。ショーンは去年、サンタの真実を知ったので、今年はこの作業はなし。

ヒューズ家、普段ほとんど玩具など買ってないので、「サンタが(親が買う事のない)プレゼントを持って来る。」説は子ども達には変なリアリティーがあるようです。

去年、ショーンに真実を告げたときも、薄々勘付いてはいたらしいけど、それでも、「サンタじゃなければ、いったい誰が(親が買う事のない)プレゼントを持って来てくれるんだ?」と思ったらしいです。

だーかーらー、マミーとダディーなんだってばー!

絶対親がこんなに買うはずないと信じ込んでたっていうのは、なんか複雑な気分でした。

スポンサーサイト
2007.11.28 Wed l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日はみんみんの8歳の誕生日。でも平日だし、ヒューズも昼は仕事、夜はデッサンのクラスがあるので、パーティは週末にやりました。

去年はうちでティーパーティ。アメリカって、子どもの誕生日をボーリング場とかスケートリンクとか、場所を借りてすることが多くて、みんみんも一度はそういうのがやりたいかと思って、希望を聞いたら、今年は、おとなりの姉妹を呼んで「お泊まりパーティ」をしたいとのこと。

安上がりな子だなあ。

というわけで、土曜日に、隣の仲良し姉妹とヒューズ家全員で、モールにあるブルータートルというレストラン(これもみんみんのリクエスト)で食事、その後、そのレストランにあるアーケードでゲーム。

minmin.jpg


仲良しのお友達に囲まれて、初めてシャーリーテンプルなんていうカクテル(もちろんノンアルコール)を飲んで、ほんとに楽しそう。

ケーキは、お手製チョコレートムースケーキ(みんみんのリクエスト)。
minmin-cake.jpg


自画自賛になるけど、こんなにおいしいムースケーキは久しぶり。日本だったらそんなのどこのケーキ屋さんでも売ってるけど、こちらではあんまりないんです。あっても脳天直撃の激甘で辟易するのがほとんど。めったに甘いものを食べないヒューズ夫も絶賛。子ども達はもちろん大好き。みんな二切れも食べた。

うかつだった、、、 夜、子どもがチョコレートケーキを二切れも食べたらどんなことになるか、ヒューズは考えてなかった、、、 みんみんと仲良し姉妹は、午前1時を回ってもキャッキャ騒いでいる。

なので、朝は遅いかと思ったら、8時には全員起きて来て、朝っぱらから、約束どおり朝ご飯にホットケーキを焼くヒューズ。

安上がりだけど、非常に労力のいるバースデーパーティでした。
2007.11.20 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
日曜は、家族揃ってYale Art Galleryのファミリープログラムへ。

この時のテーマは「神話と芸術」。アメリカ大陸、ギリシャ、中国、とそれぞれの神話をモチーフにした作品の前でお話を聞いて、最後は神話に出て来た動物を作品群から選んでスケッチするというプログラム。

話し手もとても上手で、ドリちゃんくらいの子からショーンくらいの子まで聞き入って、スケッチの時間には、三人ともかなり真剣に描いてました。スケッチする人のために用意されている折り畳みの椅子など使わせてもらって、子ども達は芸術家気取り。

実はこのギャラリー初めて行ったんですが、けっこう良かったです。子どもでも無理なく回れるし、結構有名な芸術家の作品置いてあります。

プログラムの後もそのまま残って美術鑑賞。

みんみんは学校の美術の時間でマチスを習ったばかりなので、マチスの作品を見つけた時は、うれしそうでした。

ドガの踊り子のスケッチの前では、ドリちゃんが、「バレリーナ!」と喜んで踊り、ロダンの「考える人」の前ではみんなでポーズを真似てみたり。なんだかんだ言って三時間くらいそこにいました。

ファミリープログラムは、毎月第2日曜日、1時からやってるそうです。入場無料。プログラムも基本的に無料。
2007.11.12 Mon l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
月曜から1年ぶりに人物デッサンのクラスをとっています。

かなり久しぶりに絵を描いたんですが、描かないと下手になるもんだなあ、と実感。

で、クラスの先生から「ニューヘイブンにヌード人物デッサンのオープンセッションがあるらしい。」と聞いて、早速調べたらありました。しかも早速そのクラスの翌日。夜。

さすがに二日連続で夜うちを開けるのは気が引けたんですが、ヒューズ夫も「行って来い。」と。(行かせないと後でグチグチ言われると思ったんでしょう。)

うわーい。裸婦って一回描いてみたかったんだあ。今までとった人物デッサンのクラスは、今とってるのも含めて「頭部」を描くクラスなので、モデルさんヌードじゃないし、女性の身体の曲線が好きだし、なにより「芸術家」みたいでかっこいいし。

いそいそとイーゼルを選んだ場所にセットして、準備万端。さあ、モデルは、、、

、、、男だった、、、もちろんヌードの。2人も。

「女性の曲線」の用意をしていたヒューズの脳と手は凍てつく。

困った、この年になってなんだけど、まじまじと直視できない「にわか日本人女性」ヒューズ。

でもいったん描き始めると、とりあえず描く事に没頭できましたけどね。

「女性の曲線」には挑戦できなかったけど、「男性の筋肉」も描いて面白いものだと思えたし、かなり満足度の高いセッションでした。

さてヒューズがこういうクラスに行くと、翌朝、必ず、ヒューズの描いたのを見たがるショーンとみんみん。さて、見せたものかどうか、、、



2007.11.08 Thu l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
行ってきました。三人連れて朝っぱらから。

大変でした、、、

ショーンが!(怒)

ドリちゃんがトップバッターで、針さされた瞬間だけちょこっと泣いたけど、三秒も経たないうちにケロリ。みんみんにいたってはかなり冷静。

ところが、うちの長男ってば。5年生なのに! 一応中学生なのに! なんにもしないうちから泣くわ叫ぶわ、抵抗するわ、1秒とかからない注射を全身全霊で拒否。

恥ずかしいったらありゃしない。結局ヒューズが後ろから羽交い締めにしてやっと完了。朝からプロレスやった感じです。

来年は、予告せずに定期検診を装って、トップバッターで予防注射だよ、あんたは! 縄も持っていった方がいいかもね。

ヒューズはとっくの昔にさっさと済ませてあったので、これで「いつでも来い!」って感じです。いや、今年のウィルスにほんとに有効かどうかはわからないのはわかってるんだけど、今日こんだけ苦労して「効き目ないかも」なんてあまりにも悲しすぎるもんで。
2007.11.03 Sat l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。