上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こないだいつものように夕食後に家族で散歩してたら、どんぐりやくるみが大量に落ちてるに気付きました。早ーい。ここ何日かだいぶまた暖かくなってるのに、もう自然は秋に向かってるんですねぇ。

先週はラズベリーピッキングに行ったり、ビーチにも土日連続で行ったり、最後の悪あがきのように「夏」を(ちょっと無理矢理)楽しみました。

子ども達の学校も来週からスタート。アフタースクールケア(日本で言うと「学童」?)を手配したり、9月から始まるみんみんとドリちゃんのバレエのクラスの申し込みしたり、新学期の準備にも余念がない。今晩はショーンが新しく行く学校のオリエンテーションも。週末は文房具やらの買い出し。

子ども達はたくさん遊んだ。学校からもらった算数の練習帳は7月にやってしまってたので、8月はちょっと本を読んだくらいで、ほとんど何も勉強しなかった。健康的な小麦色の肌に焼けたみんみんとショーンは、虫取り網を持たせれば一昔前の日本の悪ガキそのもの。

この夏、ショーンはご飯が炊けるようになり、みんみんはバクテンがもうちょいでできるようになり、ドリちゃんは託児所でいっぱいお遊戯と歌を覚えた。で、三人とも背が伸びた。

三人ともやっぱり成長していた夏でした。
スポンサーサイト
2007.08.29 Wed l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
今週はやけに涼しい、というか寒い。先日はおまけに雨まで降って、長そでのシャツの上にGジャン来てもなお寒かった、、、

これで夏も終わりかあ、、、と感じずにはいられない今日このごろ、ヒューズは奮起して、娘2人のサマードレスを縫っています。

去年お友達からもらったすごく素敵な浴衣の生地で、ほんとは浴衣か甚平とも思ったけど、どうせなら着る機会の多いもの、と前合わせのデザインのサマードレスに。布の裁断は7月にやってあったのに、なぜか手をつけられず先週から縫い始めました。

なんとかドリちゃんのは先週仕上げて、さっそく日曜には教会に着ていきました。で、今週はみんみんのにとりかかってます。でもなにせこの涼しさ、「せっかく縫ってももう来年の夏まで着れないのかなあ、、、」なんて縫ってて切なくなる。

今日からまた気温はどんどん上がるようで、みんみんもなんとかサマードレスを着る機会はありそうだけど、夏休みももうすぐ終わるし、やっぱり夏は終わりに近いわけで、この季節には毎年ちょっとテンション下がるヒューズなのですよ。

2007.08.23 Thu l ただの日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
先週家族でブルーベリーピッキングに行って、調子にのって2、3キロ収穫してしまいました。

生でたくさん食べてもまだ余る。やっぱり収穫マシーン(ヒューズ夫)を連れて行って良かった。去年はヒューズが摘んだのを食べてばかりの人(ドリちゃん)がいたせいで、生で食べておしまいだったんですが。

まずはやっぱり定番ブルーベリーパイ。これをフレッシュなので作りたくてブルーベリーピッキングに行ったようなもの。
DSC02184.jpg

何度作ってもパイ生地をきれいに円形に伸ばせなくて苦戦するも、なんとか完成。味はバッチリ。やっぱりフレッシュなのを使うと違います。

そしてブレッドプディングとブルーベリービネガー。
DSC02190.jpg

ブレッドプディングは固くなったお気に入りのバゲットを使いきりたくて作りましたが、もとがおいしいパンなのでやっぱりおいしい。たっぷり入ったブルーベリーとも相性抜群でした。ビネガーは後ほどお料理に。

あとは、ブルーベリーシロップも作ってバニラアイスにかけたりしました。

ああ、おいしかった。
2007.08.08 Wed l ただの日記 l COM(6) TB(0) l top ▲
サラトガで初めて知ったこと。

その1:サラトガがポテトチップの発症、違う発祥(変換って怖い)の地。
これはレストランのウェイターが教えてくれました。サラトガ湖畔のあるレストランで、客が薄ーいポテトフライを所望、もっと薄く、もっと薄くとやってるうちにポテトチップになったと。ちなみにこのレストランではサラトガチップスと呼んでました。(何? サラトガチップスって?とのヒューズの質問に対する答えが上記。)

このレストラン、サービスがとっても良かった! 食事前に飲んだワイン三杯はオンハウス(タダ)にしてくれたから、とかじゃなくて、とても丁寧で行き届いたサービス。かつフレンドリー。入り口の壁にはシェフと前NY市長ジュリーアーニ氏のツーショットが飾ってありました。(いえ、それはどうでもいいのだけど。)

その2:お料理番組、本、トークショーでお馴染みのレイチェル・レイはサラトガのちょっと北レイクジョージの出身で、この辺りにも良く食事や買い物に来る。

レイチェルお勧めのベーカリー、Mrs.London's、行きました。
1-mrslondon.jpg

やはりおススメのティラミスにトライ。おいしかったです。日本っぽい味。

パンも買ってみましたが、パンはいつもウェストポートで買ってるやつのがおいしかったです。
2007.08.07 Tue l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
先週は「子ども抜き」でNY州のサラトガスプリングスという街に一拍二日の夫婦水入らずミニ旅行に行ってきました。

サラトガスプリングスはわき水と競馬で知られた街で、「馬」が街全体のテーマ。街のいたるところに馬、うま、ウマ...
1-uma10.jpg

1-uma5.jpg

1-uma3.jpg

実物大の馬の彫刻はサイズとポーズはほぼ同じだけどみんな違うデザイン。もっともっとたくさんあります。
セレクトショップももちろん、
1-metaluma.jpg

馬。
通りに並ぶカフェやレストランでは競馬の実況中継やってたり、その日のレースの結果を書いた黒板がおいてあったり。

レースシーズンは夏の間だけなんですが、期間限定だからよけいに盛り上がるようです。

そして街の飲食店には必ず置いてあるサラトガウォーター。
1-water.jpg

青いボトルが涼しげで、味もストレートで好みです。

わき水を利用したスパもたくさんあるのだけど、競馬もスパも今回はパス。

今回の目的は、フィラデルフィア交響楽団のコンサート。サラトガスプリングスの野外ステージ(でも屋根はある。)は、毎年夏の前半はNYシティバレエ、後半はフィラデルフィア交響楽団のコンサートやっていて、その日はフィラデルフィア響の初日。演目はベートーベンの第九。

「第九は年末」というお約束は、アメリカにはないのでしょうか、、、

指揮はチャールズ・デュトワ。

知らない、、、 指揮者で知ってるのはオザワとカラヤンとショルティとバーンスタインくらいのクラシック音痴。すいません、マエストロ。

久しぶりのクラシックコンサートはおおいに楽しめました。超メジャーなシンフォニーなので、会場も盛り上がってたし。ちゃんとフルコーラスだったし。

うわさには聞いていたけど、第九って、コーラスとリードシンガーの方々、最後の第4楽章まで出番がないので、第1楽章から第三楽章までずーーーーっと座ってるだけ。特に一番前に座ってるリードシンガーの4人はちょっとつらいんじゃないかと余計な心配をしてしまったヒューズです。

日によってはヨーヨーマやパールマン出演も。もっと近かったらいいのになあ、、、 って近くが良ければタングルウッドのボストン響に行けばいいんだけど。

ところで、サラトガスプリングスは結構お上品な街。前の週に家族で行ったレイクジョージは、サラトガから車で20分くらいなんだけど、全然雰囲気ちがいます。

競馬といってすぐにヒューズの頭に浮かぶのは「こちら葛飾区亀有公演前派出所」の両さんなんですが、サラトガの競馬のイメージはむしろお上品。「昔は名士の社交場だったんだろうなあ。」という感じ。

また来る時は、絶対競馬とスパ、と心に誓うヒューズでした。
2007.08.06 Mon l ただの日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。