上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日は初出勤。図書館でとっている日本の雑誌の整理とかやりましたが、おもしろかったです。帰りは館内で迷ってしまい、外に出るのに10分かかったけど。

うち帰ったら、夕飯。カレーを作ってあったので、それあっためるだけ。職場を出る前に、ヒューズ夫に電話して、「炊飯器のスイッチ押しといて。」とお願いしたら、「保温」のスイッチを押してあった、、、 全然炊けてないよ、、、遅めの夕飯。

それから、家族でドリちゃんのお誕生日のお祝い。ケーキは朝焼いておいたココアシフォンケーキ。ハッピーバースデーを歌ってもらい、ローソク消して、ケーキ食べて、プレゼント開けて、ドリちゃんはとってもうれしそうでした。

さて、ミルフォードは、今週、市をあげての「TVフリー週間」。今週は、テレビをつけずに生活してみましょう、というキャンペーンです。

ミルフォードにある学校はすべてこれに参加していて、テレビがなくても退屈しないように、学校ごとにいろんな催しをしてます。ショーンの学校でもゲームナイトや、アイスクリームナイト、読書と体操ナイト、等々、いろいろやってます。

ショーンはそうでもないけど、みんみんはこういうのは行きたがるタイプ。でも、相変わらず、ショーンが宿題終わるのに時間がかかるし、ヒューズも今週からお仕事で、夕方どっかでかけるなんて面倒なのでどれも不参加。

でもテレビはつけてません。

と思ったら、昨日はみんみんが内緒で自分の部屋のテレビを見てました。コラっ!

ショーンは、テレビがないならないで、すぐに何か作り始めたりするんだけど、みんみんとドリちゃんはテレビっ子。まあ、ドリちゃんは昼間、ヒューズといる間、自分が楽なのでついテレビを見せてしまうから、これはヒューズのせいです。反省。

みんみんは、あんまり一人遊びが上手じゃないらしいです。外に出て、お友達と駆け回ったりするのは大好きだけど、家でじーっと一人で遊ぶのができない。本は読むけど、何時間も集中してっていう感じではないです。ビーズや他のクラフトも教えるのだけど、ずっと教えながらでないと何もできない。自分で工夫して好きな物を作るってできないんです。ちゃんと教えてもらって、言われた通りに、というのは得意なのに。

手芸の英才教育してるつもりなんですけどねえ、、、

兄妹でもこんなに違うもんです。共通してるのは、2人ともゲームボーイを始めるとなんにも聞こえなくなるってくらい。

TVフリー週間は、もちろんこういうゲームもいけません。よって今週は没収。2人に毎日「10分だけーーーーっ!」とか懇願されています。今週もあとちょっとなんだから我慢しなさいっ!
スポンサーサイト
2007.04.26 Thu l ただの日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
なんだか、急に暖かくなってしまいました。春通り越して、いきなり夏って感じです。昨日は車のエアコン使っちゃいました。

ヒューズは明日からお勤めです。週15時間で20週間。時間は割とフレキシブルなんだけど、やっぱりドリちゃんはどこかに預けなければいけないので、昨日は午前中、片っ端からミルフォードと職場のあるニューヘイブンの託児所に電話をかけまくってました。

ほとんどのところは、今、9月からの入学を受付中、というかそれすらウェイティングリストというところも多くて、今すぐ入れるところはもうないのかなあ、、、と思っていたら、一カ所だけ、ちょうど4歳児が引越していって空きが出た所というのを発見。お値段もヒューズが払える範囲内。朝ご飯、昼ご飯、おやつも込み。早速夕方見学に。

ミルフォードの海の近くのコミュニティーセンターで、外の遊び場が広い! 遊具もちゃんと整備されている。中も広い! 教室は3歳児と4歳児に分かれていて、両方ともかなりの広さ。ショーンやみんみんの学校の教室よりかなり広い。おもちゃもトイレもきれい。コンピューターのようなハイテクな設備はないけど、ヒューズは幼児期はできれば自然で遊んで欲しいと思ってるので、それは全然気にならない。中にはバスケットコートもあって、雨の日はそこで走り回れるそうです。

ここに決めちゃおう。今、空きがあるとこって他にないのだし。というわけで、書類が揃い次第、週に2回全日で開始です。今行っている高校で主催してるプログラムは、残念ながら今週いっぱいで辞めることになります。

ちなみに、ニューヘイブンだと、「あ、高くない(安いのではない。)、プログラムも良さそう!」と思ったら、スペイン語オンリー、またはヘブライ語オンリーのとこだったりしました。

当のドリちゃんは、明日4歳になります。昨日は日本語プレイプログラムでお祝いしてもらって、とってもうれしそうでした。

そのお誕生日当日にお仕事開始というのもちょっと可哀想かなと思ったんですが、まあしょうがない。ショーンとみんみんがドリちゃんくらいの時は、ヒューズはもっと長い時間働いていたんだし。でもケーキくらいは作るけど。今日はプレゼントも買いに行かなきゃ。明日の代わりに今日は、ドリちゃんといっぱい遊んであげよう。

2007.04.24 Tue l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
一週間の春休みが終わって、子供たちは今日から学校。先週は天気の悪い寒い日が続いたけど、それでも金曜日からは一気に暖かくなって、週末はもう半袖でいいくらいでした。

土曜日は夕飯の後に、ミルフォードの町に来ていた移動遊園地に行ってきました。もう子供たちは大はしゃぎ。3人ともものすごーーーっく楽しそうだった。背が伸びたショーンはもうほとんどの絶叫系に乗る事ができて、一回転コースターにも初めて一人で乗って、「サイコーっ!!!」だったそうです。

一種類だけ、カゴ(というかオリ)がぐるんぐるん回りながら、かなりの高さまで上がるやつ、これだけ、大人同伴でないといけなくて、ヒューズ夫が一緒に乗りました。ヒューズ夫の感想、「ビール4本飲んでから乗るもんじゃない、、、」 そういえば飲んでたな,
愚か者め。

みんみんも去年まで乗れなかったような乗り物に乗れるようになったので大喜び。ドリちゃんも一人でジャンボ滑り台やったし。

日曜は、教会の後、モンローのウルフパークへ。ちょっと湖の周りも散歩してヘルシーな一日でした。

春休み、子供たちにはあっと言う間に過ぎて行きましたが、ヒューズには長かった、、、 子供3人、一週間丸々うちにいると、さすがに疲れます。夏休みって10週間くらいなかった? 春休みくらいでへこたれてる場合じゃないんですが、、、

そういえば、図書館の仕事、決まってしまいました。でも採用の連絡あったの、先週の金曜日の夕方5時。こういうタイミングって、別の人にオファーが行って、その人が断ったからヒューズに話が来たってことでしょうねえ。きっとヒューズ3人目くらいだったんでは?

「どうしてこのお仕事に興味あるんですか?」「プレッシャーなさそうなので。」とか、あまり望ましくない返答をケロっと言ってたりしたので、採用ってことはないだろうと思ってたのに。で、まかり間違って採用ということになっても、お給料もさることながら、期間が夏休みまで食い込むというタイミングも困るので、今回はお断りして、次回は是非よろしくってことにしようと思ってました。そもそも次回有利になるように応募したんでした。

でも、いざ採用のお話が来ると、急に断るのがもったいなくなってきたんですよねぇ。それで、週末いろいろ考えて、やってみることに。とりあえず、週3回、午後、ヒューズ夫の弟の奥さんに、ドリちゃんを見てもらって。でもいつまでも甘える訳にはいかないので、同時に託児所探しも開始です。

というわけで、身辺慌ただしいヒューズの近況です。春はやっぱり何かがスタートする季節なんですねえ。
2007.04.23 Mon l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
まだお勤めはしたくないなーという気分だし、第一ドリちゃんがまだ小さい。

でもこの先ずーっと家にいさせてもらえるかというと、そうではなさそうです。そんな矢先に、とある大学の図書館のアルバイトの募集があると聞いて、一応応募してみました。

就職活動って13年ぶりです。日本なら、学校卒業したときに一度、という人が多いんでしょうが、こちらはリストラ、転職はしょっちゅうです。ヒューズも転職何度もやりました。その度に就職活動。

もう慣れたもの、と思いきや、これだけ間があいてると、履歴書でまずつまづく。

覚えてない、、、 この会社での肩書き、あの会社での上司の名前、勤務期間、、、

だめ、前回(13年前)の履歴書ないと何も書けない。ファイルの中を相当探した挙句にやっと昔のコピーを見つけてアップデート。結構時間がかかりました。

日本語ではなんというんでしょう? こちらではリファレンスといって、自分の身元や職務経験などを証明できる人(だいたい上司や同僚)の名前と連絡先を明記しなければなりません。この募集は3人書けとあります。

これも困りました。2人はすぐに埋まったけれど、あとのヒューズのことを良く知ってる上司は、とっくに日本に帰った人ばかり。悩んだ末、直接一緒に仕事してたわけではないけど、まあいろいろ教えていただいた方の名前を入れる。

後は、その3人に、就職の件で電話があるかもしれないので宜しく、と連絡。

久しぶりに、昔の上司とお話するというのは、非常に照れくさかったです。みなさん、快く了解を下さって、そのうち一人は、「電話来たら、ものすごーっく良く言っといてあげますから、頑張ってね。」とまで。いえ、そこまで熱くならなくてもいいんですけど、、、

お次はカバーレター。これは、「自分はこのポジションには最適です。」という売り込みをするもの。自分で自分を褒めまくるというのは日本人には至難の業です。こっ恥ずかしいったらありゃしない。

やっとのことで自分で赤面するようなカバーレターを書き、履歴書とリファレンスを添付してオンラインで応募。長らく音沙汰がなくて、「ダメだったか、ま、いいや、夏休みは遊びたいし。」と思ってたら、「明後日面接来れますか?」と電話。

うーん、どうしよう、、、と迷ったけど、まあ、ちょっと場慣れするために行ってみようと、面接のアポをとる。

で、面接。さあ、何を着るか。企業の時はちゃんとスーツだったけど、そんなのもう持ってません。前の会社もカジュアルなドレスコードだったので、スーツなんてとっくの昔に処分です。第一持ってても、そんな昔の入るわけがない。

でもわざわざこのために買うというのもねぇ、、、 まあ、いいや、どうせアルバイト、そんなに気張って行く必要もないだろう、とカジュアルすぎない程度のシンプルルックで行ってきました。

初めて入る有名大学の図書館! 石造りの、立派な建物。中も重々しい彫りの入った木の壁、木のドア、窓にはステンドグラス。

名門の300年の歴史をひしひしと、、、と思ったら、後で聞いたんですが、あれは実は1930年代のものでそんなに古くないそうです。せっかく感動したのに、、、

面接してくれた方々は感じが良くて、中も案内してくれて、面白かったです。

それが先週。今結果待ち。

仕事をするにあたってチャイルドケアというハードルがあると話したことや、それにもまして、お給料の話になったとき、ものすごーーーーーく露骨にガッカリした顔をしたことなど考えると、採用ってことはなさそうです。

でも、履歴書やリファレンスなどの用意ができたし、これでちょっとは面接も慣れたから、次に気になる募集がある時は、迅速に対応できます。

とはいえ、やっぱりほんとは一生遊んで暮らしたいのだけど、、、
2007.04.18 Wed l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日は、いいお天気でした。しかも最近では珍しく、何の予定もないのんびりした土曜日。

バラや植木の剪定をして肥料を撒き、ラベンダーの周りをきれいにしたり、久々にガーデニングに勤しみました。そして、その後は近くのシルバーサンドビーチに凧上げに。でもちょうど干潮で、沖合のチャールズアイランドへの道も海面に出ていたので、せっかくだからと島まで歩いて渡りました。子供たちも浜を歩くのは久しぶりなので、カニやきれいな貝を見つけては大声ではしゃいでおりました。

春とも思えない寒い天気が続いていたので油断してたんですが、日差し強かったんですね、、、 で、一日ガーデニングやら潮干狩りやらやってたもんだから、なんか顔がうっすら日焼けしてしまいました。

一日天気のいい春の一日を満喫したと思ったら、今日は一転、暴風雨です。うちの町は海辺なので厳戒態勢に入ってます。アメリカ北東部ほぼ全域に洪水注意報出てます。

朝から、遠くでサイレンが鳴り響いて、スピーカーから「海抜の低い所に駐車している方は、ただちに車を移動して下さい。」と聞こえてます。ちなみに、この町の海抜の低い沿岸に建つ家はだいたい地上から2、3メートルくらい高床になってます。で、普段は家の真下に車とか止めてるんですが、今日みたいな日は危ないので、海抜の高いとこまで移動しなければならないらしいです。

いいなあ、海の側の家って、、、と常々思ってるヒューズですが、さすがに今日のような日は、ああいうとこに住んでなくて良かったなあ、としみじみ思ってます。

それにしても、台風銀座、沖縄で生まれ育ったヒューズには、全然たいしたことないように見えるんですが、浸水してる道路多数です。

ヒューズ夫は、知り合い人のウェイク(お通夜みたいなもの。でも亡くなったのは木曜日で、しかも今日は、昨日に続いて二日目のウェイク)でNYまで行っていて、今現在、道路浸水でかなりの道路が通行止めになっていて、四方をふさがれ、帰り道を模索している模様。果たして今日中に帰って来れるのか、ヒューズ夫?

ほらね、バチがあたったんですよ、ティラミスの。

2007.04.16 Mon l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
冷蔵庫を開けるたびに目に入る黒いプラスチックの箱。中にはティラミスの最後の一切れ。

気になる。目の毒。このままでは精神衛生上良くない。やっぱり食べてしまおーっと。

ふたを開ける。すると、、、

DSCtiramisu.jpg


ヒューズ夫の汚い手書きで、「へっへー、まだ残ってると思った? もう食べちゃったよーん、おあいにく様ー。」と書いてある。

、、、ヒューズ絶句です。

ティラミスの誘惑にあまりにもあっさり負けたのも情けないけど、行動・思考パターンをすべて読まれてるのもあまりに情けない。そして妻にこんな残酷なジョークをしかける夫も理解の範疇を超えています。悪魔です。

今、復讐のチャンスを狙っています。

2007.04.12 Thu l ただの日記 l COM(6) TB(0) l top ▲
この日曜日は、春の祭典イースターでした。でも朝には雪がちらつくほどの寒さ。春はいったいいつ来るんでしょうねぇ。

イースターは、キリストの復活をお祝いする、クリスチャンにはクリスマスと並んで大きな宗教上の行事です。復活、すなわち誕生ということで、誕生の象徴として、ウサギ(多産だから?)やひよこや卵をモチーフとしたものが店に溢れます。ウサギや卵の形をしたチョコは定番中の定番アイテムです。

ヒューズ家も、まず前の晩にゆで卵に色をつけるという伝統的なことをやりました。

DSCeggs.jpg

DSCcoloring.jpg


こんなにたくさんのゆで卵、どうするんだ、一体? ヒューズ、またコレステロール高くなりそうです。

これって学校でもやるとこはやるみたいですが、最近は公立校に宗教を持ち込んではいけないことになってるので、ショーンとみんみんの学校ではやりません。だからうちで。

そしてクリスマスにはサンタがいるように、イースターにはイースターバニーがいて、お菓子や小さなおもちゃの入ったバスケットや卵(プラスチック)を置いてってくれるということになってます。

ショーンはもうサンタの真実も知っているので、イースターバニーも信じてないのですが、みんみんとドリちゃんは、前の晩から大興奮。

ヒューズとヒューズ夫は子供たちが寝静まってから、卵にお菓子やシールをつめ、バスケットの用意。まるで内職です。

バスケットはテーブルの上に、卵は家のいたるところに隠します。総計54個。

子供たちは案の定、朝早くに起きて大騒ぎです。3人ですぐに50個くらいは見つけられたけど、あと4個がなかなか見つからない。

で、ヒューズ夫がクイズを出して、正解なら、隠し場所のヒントを与える事に。

ショーンには、「12の2乗は?」 
「144!」(即答)
えっ、知ってたの? ちょっとびっくり。

みんみんには簡単な二桁の足し算。教育的なヒューズ家です。

そしてドリちゃんには、「卵、だれが持って来たのかなー?」

",,,Not me." 

そ、それは、、、、間違ってはないんだけど、、、

それからみんみんとドリちゃんはイースター用のひらひらドレスを着て教会に行って、夜はヒューズ夫の弟のとこでディナーをごちそうになって、楽しいイースターは過ぎて行きました。

でもまだ寒いんですよねー。早く暖かくなって欲しいです。
2007.04.10 Tue l ただの日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
土曜日はあんまりいい天気だったので、クローゼットのリモデルなんかやってる場合じゃないよ、とウェストヘイブンのビーチに行ってきました。

もちろんまだ泳いだりする気候じゃないです。ビーチでフリスビーか凧上げするため。

でもヒューズのお目当ては、ビーチ沿いにあるテイクアウトの店Stowe's。最後に行ったのは去年の夏の終わりだったので、かなり久しぶりです。

中も外も海賊一色でファンキー、子供たちも大好きです。(特にショーンが。)
DSC01783.jpg


いつものようにロードアイランドクラムチャウダーとフィッシュ&チップス(魚フライとポテトフライ)を注文。
fishchips.jpg


あー、相変わらずおいしい。でもなんか小さくなったような気がするのは気のせい?

ヒューズはコネチカットに引越して来るまで、クラムチャウダーはマンハッタン(トマト味)とニューイングランド(クリーム味)しか知りませんでした。ロードアイランド(クリアスープ)は一番あっさりしててハマグリの風味が一番満喫できます。

ランチの後はフリスビーに挑戦。でも風が強すぎて5分で断念。
DSC01785.jpg


風があるなら、よし凧だ。
takoage.jpg


楽勝。ドリちゃんでもあげられました。

2本の糸で、回転させたりするスポーツカイトも、操縦が下手でしょっちゅう墜落するものの、いつもよりはずっとよく飛ばせて、ショーンとみんみんも一回転くらいはできるようになりました。

でも寒かった、、、 天気はいいんだけど、海風はやっぱりまだ冷たかった、、、


2007.04.02 Mon l ただの日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。