上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ショーンが最近覚えた日本語

「艦長」
「発進」
「波動砲」

YouTube偉大なり。
スポンサーサイト
2010.03.24 Wed l kids l top ▲
またカンフーか、と思うでしょ? 

そうなんですよ、ヒューズ家の2月はみんみんのカンフー舞台でいっぱいいっぱいだったんですよ。

2/7にイェール、2/14にEast Lyme、2/21がサザンコネチカット州立大学、と3週間連続。そしてそのための追加のリハーサル。みんみんは、実に週7時間から8時間グループ練習。出番は2分

でもこれで一段落。これからは5月のトーナメントに向けての練習に切り替わるそうです。

ところで、みんみんが演技したショーは全部チャイニーズニューイヤー(旧暦の正月)イベント。中華パワーにあてられっぱなしのヒューズでした。この小さいコネチカット州内にいったい中国人学校は何校あるのか。数もさることながら、その団結力たるや、、、中国という国の上昇りのエネルギーってすごいなと。

一緒に中国人学校の生徒の歌や踊りを見ていたドリちゃんは、「中国人学校に行きたい。」と言い出す始末。

日本語学校は嫌って言ったくせに、、、

2010.02.22 Mon l kids l top ▲
2年くらい前から、「これはやっぱりやばいんじゃないの?」と夫婦で話していたショーンの歯並び。自然に治るかも?なんていうかすかな期待も泡と消え、とうとう新年早々からブリッジ装着。

治療費全工程込み$5500! そりゅあ避けたかったわよ。でもね、こんな歯並びなのよ。

030.jpg

この八重歯みたいになってるのは、抜けかけの乳歯なんかじゃなくて、れっきとした永久歯。その左下はいまだびくともしない乳歯。右下はわずかな隙間に無理やり縦に生えてきた永久歯。そして写真では見えないけど、この後ろにも永久歯が生えていて、、、

歯科矯正医院でとった型は、もはや人間のものとも思えず、「どの恐怖映画に出てた生物ですか?」というシロモノ。

生まれつき馬のようにまっすぐな歯並びのヒューズ夫は、ヒューズの遺伝子のせいにするが、はっきりいって、ヒューズは虫歯女王で小学校に上がる前には前歯真っ黒、自慢じゃないけど、永久歯生えてくるころにはぼろぼろで、乳歯が頑丈すぎて抜けないがために、永久歯が「ごめーん、ここしか場所なくってー」っていうせせこましい生え方してくる心配なんて露ほどもなかったの! すべては虫歯知らずの頑強な乳歯のせいで、それは絶対ヒューズ夫の遺伝子。

でね、更に悪いことには、ヒューズ家の歯科保険は矯正はカバーしないんである。保険が効く虫歯の治療の方がはるかに安上がり。それなら、乳歯なんか歯磨きしないで甘いものいっぱい食べて、虫歯にしてさっさと抜いてもらって方が良かったのではないか? と一瞬真剣に思ってしまった。

ショーンの場合は、いまさら乳歯が抜けたところで、矯正施術なしではまともな歯並びにならないとのこと。

特に例の縦に生えてるヤツは、下の歯2本の間にスッと収まるようなはかみ合わせで、「もうここでいいわー、居心地いいしー」という構えになっているらしい。

というわけで新年早々大きな出費。

「せめて下の二人は矯正が必要ない歯並びになりますように。」

初詣に行っていたなら、絶対そういう願をかけたと思う。
2010.01.13 Wed l kids l top ▲
なんかぜんっぜん休んだ気のしない週末だった、、、ショーンも同じ気分だろうな。

なにせ金曜日から日曜日までイベント目白押しで、それがすべてショーンがらみなんだもん。

土曜日にショーンの学校のロボティクスクラブの発表大会があるということで、先週は定例活動日以外にも毎日その準備でミーティングがあったにも関わらず、めんどくさがってシカトしていたショーン。担当の先生があせって金曜日の朝、電話してきて、「今日のミーティングは絶対参加させるように!」と。すでに家を出ていたショーンに連絡とったり、いきなりハイテンションで始まった一日だった。

そして土曜日は、せっかくの週末なのに、発表大会のおかげで6時半起き。夕方帰ってきたと思ったら、今度は教会の方のユースグループの活動で、ベビーシッターとしてイベントに参加。ドリちゃんはベビーシッターされる側として参加。みんみんをカンフークラスでドロップし、ヒューズ夫婦は久しぶりに二人で外食。つかの間の休息。

日曜日は午前中教会、午後はショーンのピアノ教室のリサイタル。ショーン、まだレッスン受け初めて2ヶ月しか経ってないのに、いいの、出て?と不安だったけど、全員参加というし、ま、いっか。と会場へ。

実はこのショーンの晴れ舞台のために、黒いパンツとYシャツとネクタイを新調してあったヒューズ。馬子にも衣装だねぇ、カッコいいじゃん、ショーン、と思いながら、会場に到着したら、足はボロボロのスニーカーじゃないかっ!

昨晩ヒューズ夫が磨いた黒い靴はーっ!? ヒューズ夫、急遽革靴取りに家に戻る。相変わらず、何も考えていないショーンであった。

初めてのリサイタルでトップバッターというプレッシャーでガチガチになるも、とりあえず失敗もなく、つっかえもせず、50秒の演奏を終え、ほっと一息。

家に帰って、夕飯食べたら、今度は聖書のお勉強会に行ったショーン。7時半に帰ってきたら、もうヒューズ夫婦は疲労の限界。いつもより早い就寝となりました。8時。



2009.12.07 Mon l kids l top ▲
新学期スタートから3週間経過。まだまだエンジン全開、フルスロットルのヒューズ。

昨日は2時半に仕事からあがり、ショーンの学校のロボティクスクラブで1時間のボランティア。

ロボティクスといってもガンダムつくるわけではなく、なんか目的を達成する機械や仕掛けを作るんだとか。

ショーンは5年生のときに参加して、去年6年生のときはカンフーにあまりに時間をとられたため中断、で、今年、7年生でまた復帰したと。

で、ヒューズは「ショーンももう12歳、母と一緒に時間を過ごしてくれるのももう少しかもしれない」と、妙な感傷を抱いたのが運のつき。登録用紙の「ボランティアできますか?」の項目に「Yes」と書いてしまい、翌日には「なんでこんな自分の首絞めるようなことをするんだ?!」と激しく後悔するも、ときすでに遅し。登録用紙はしっかり担当のミスブラウンに渡ったのであった。

なにしろ、学校でボランティアなんてこと、やったことがないヒューズ。昨日の初めてのクラブミーティングでも何をやっていいのかさっぱり。ミスブラウンはハイテンションでいろいろ子供たちに言っているけど、ヒューズには何の指示もなく、しょうがないので、他のボランティアに何をすればいいのか聞いたところ、

「基本的には子供たちの監督。あまりにもうるさくなってくるとミスブラウンも超機嫌悪くなって、なにをやっても怒られるから、そのときはただ黙ってたってればいいの。」

、、、やっぱりよせばよかった、、、とさらに激しく後悔。

でも昨日はハメを外す子供たちもなく、無事に終了。久しぶりに緊張したよ。

ショーンの学校は、これまで5年生から8年生の中学だったのが、今年から別の小学校と合併してプリスクール(3、4歳)から8年生までの大所帯。そしてこの学校の目玉の一つがロボティクスクラブ。なので希望者も多く、しかも助成金ももらえたというんで、今年は10チーム(一チーム7人くらい)編成。4年前に1チームで始まったクラブが、去年、4チーム、今年10チーム。担当は発足当時からミスブラウン。ハイパーなおばさんだが、人並みはずれた行動力の持ち主である事は容易に想像がつく。

助成金もらったことで、活動内容も広がったようで、今年は3つのコンペに出場予定なんだそうです。

「コンペ前には土曜日もやるからねっ!」

へっ? 初耳ですが? 

、、、もういい、後悔しても無駄だ。もう腹をくくるしかない。

ショーンはというと、もうお目目キラキラ。なんてわかりやすい人間なんだろう。一瞥しただけで、「僕、これ大好き!」オーラが大放出しているのがわかる。

まあ、当然だよね。5年生のときはK'Nexというプラスチック製の棒とジョイントを使って、てこの原理やギアとかを利用した機械仕掛けを作ってたんだけど、今年はコンピュータ制御装置のついたほんとのロボット(Lego MINDSTORM)を作るんだもん。

このロボット、実は、ショーンの誕生日に買おうか、と一瞬だけど思った事がある。でも3、4百ドルくらいするんだよね。それなら、みんなで使える電子ピアノにした方が、ということで電子ピアノに決定した由。

帰りは、もうロボティクスのことで頭いっぱいのショーン。好きなことはこんなに集中できるのに、、、

帰ったら帰ったで、急いで夕飯作り、今度はみんみんとドリちゃんの学校のオープンハウス。帰宅したのは8時過ぎ。

昨晩からイェールのアートスクール主催の人物デッサンも始まってて、8時から始まるそれにも行きたいと思っていたのだけど、さすがにヒューズも燃料切れ。さっさと寝ました。
2009.09.23 Wed l kids l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。